原則、モデルはあきくさいんですよね。だからああいう労働ですし

歌手の不義で今年は盛り上がってますが、離別も歌手は凄い多いですよね。要するにあきくさいんですよね。根っから、歌手という仕事柄、常々違う役目ですじゃないですか。詰まり負荷があるんですよね。大衆の役目のように毎日がおんなじ繰り返しでなく。歌手になったら、大衆に戻って毎日がおんなじ役目のルーティンは耐えられないでしょう。つまり、飽きくさい人達の集まりです。だから、おんなじ人間と思う存分いられない、飽きくさいから離婚して仕舞う。歌手でも普通の人の雰囲気が居残る人間は長く続いていますよね。イノッチさんと瀬戸ちゃんなんか、その部門でしょうね。イノッチさんは見ていても歌手歌手していなくて、そこらへんの青年ぽいですもんね。それで歌手は離婚するのが多いなあと思っていて気がついたことがあります。野球選手などアスリートって離別、ぜんぜん聞いた実態ないですよね。だいたい私の創造では、奥さんが男のアスリートに尽くすタイプだからじゃないかと思っているんです。どうしてでしょ?キレイモ 無料

コンビニのオリジナルブランドのお酒について考える

梅雨だってのに暑い日が続いています。こうなると俄然、ビールと言ったお酒の売り上げがあがりますよね。私も類に漏れず、仕事帰りに必ずコンビニに寄ってお酒を買う人間ですから、この暑さで購入する本数も1.5倍になっています。だいたい毎日500mlのビールと500mlのチューハイが最近のルーティン、少し飲みすぎです。ただ、購入本数が増えても、小遣いが増えていないのが厄介なところです。本当は所謂、発泡酒とか第3のとか付いていない生粋のビールを購入したいのですが、価格が300円弱、私には手が出ません。そんな私の救世主がオリジナルブランドのお酒です。500mlのビールもどきが125円、アルコール9%のチューハイも125円、500ml2本が250円で買えるのです。
飲み比べしてしまえば味は一目瞭然ですが、それ単体で飲めば十分美味しいですし、楽しめます。そんな庶民な私を救ってくれるオリジナルブランドのお酒で猛暑が予想されるこの夏も乗り切ろうと思っています。http://www.meditationinmarin.org/