作業するときの防具の装着の大切さを実感しました

先日自転車の整備をしていた時の事です。前のカゴがプラスチック製でボロボロになっていたので、ホームセンターからカゴだけ買ってきて交換しようと思い、カゴの接続部分のボルトを外しにかかった時でした。ボルト部分が錆びてしまっていてどうしても一か所外れませんでした。ネジ山もなめてしまってついには回せなくなり、仕方なくボルトを切断しようと思い、カナ鋸でギコギコしていた時でした。ボルトがかなり短かったこともあり、切った瞬間に支えていた左指の人差し指の第一関節より上の部分を、勢い余って切ってしまいまいた。幸いそれほど深い傷にはなりませんでしたが、その日の夜は痛みの為眠れない状態に。直前まで作業時に防護用のグローブをしていたのですが、ボルトが小さかったこともあり、うまくつかめず、素手で捕まえていたことも切ってしまった要因だと思います。仮にグローブをしていれば、そんなに深くなることはなかったと思いますので、やはり作業前にはグローブをしっかりはめるべきだと改めて実感した出来事でした。